車を売る前に

【車を売る前に】10万円得する車売却術 > コレだけはやってはダメ > 社外品について

コレだけはやってはダメ

社外品について

これだけはやっては駄目4。社外品について

引き続き、車の売却前にこれだけはやっては駄目!というものです。

先にも少しふれましたが、今回は社外品についてです。

最近こそ少なくなりましたが、ディーラーなどでは、
社外品のアフターパーツをつけていると修理を受け付けてもらえなかったり、
査定の時でもいい顔をされなかったりというのがよくありました。

時には、これら社外品が減点の対象となることさえあったのです。

ただ、最近では買い取り専門店ではあまりに粗悪なものを除いては、
評価してくれるのが通例です。

車に投資した分はその分は反映されると言うわけです。

もちろん社外品ではない純正アフターパーツも対象になりますから、
ご安心を。特に、エアロパーツは、純正でもディーラーオプションでも、
社外品でも評価対象となります。

有名ブランドともなれば、高さも期待できるでしょう。

ただし、特殊な方法で都立方場合は、マイナス評価になったり、
傷や破損があれば、評価外となったりします。

さらには、車検に対応していないものは評価外になることが多く、
純正品がある場合は戻しておいたほうがよいですよ。


自動車を確実に高く売りたくありませんか?


自動車を売るときには、一歩間違えると、

数万円安く売る可能性があります。

しかし、この方法を使えば、確実に高く売ることが出来ます・・・

車を確実に高く売る方法とは・・・