車を売る前に

【車を売る前に】10万円得する車売却術 > 車を売るときに必要なもの > 委任状とは

車を売るときに必要なもの

委任状とは

車を売る時に必要なものは?委任状ってなんだ?

さて、車を売る時に必要とされものの説明も今回で大詰めです。

今回は、委任状と言われるものと、人によっては必要となるものに触れましょう。

まずは、委任状です。

車を売るときは、大抵、中古車を取り扱う店に売りますから、
実際、次の使用者に渡る頃には、売却した本人の手からは離れているものです。

そこで必要になるのが、委任状です。

これは売却した車が名義変更される際に、陸運支局への
登録を代理人に委任するための書類です。

ですから、本人が行う場合は必要ないですし、
用紙は店においてありますので、これのためにすべきことは特にありません。

ただ、これも譲渡証明書と同様に、譲渡人印として、
証明書の一番上に印鑑登録証明書と同じ実印を押す箇所がありますので、
実印と印鑑登録証明書必要となりますね。

そして、この書類の旧所有者名や住所も
印鑑登録と同様の記載にしなければいけません。

他にも、公的書類だけでは車検証と印鑑登録証明書の住所が
つながらない場合は、申立書などの特別な書類が必要になり、
売却する車が親や兄弟の名義で法定相続人が自分以外にいる場合は、
相続に関する書類も必要になります。

また、クレジットで売却する車を購入した場合、所有権解除書類も必要となります。

さらに、車が個人所有でなく、法人所有の場合は、また事情が違い、
印鑑証明の取得は法務局で、所有権のある会社が倒産した場合は
清算人から書類取得を、など多種多様なことが必要となります。
こういった場合は、売却前に、陸運支局や行政書士に相談しておきましょう。


自動車を確実に高く売りたくありませんか?


自動車を売るときには、一歩間違えると、

数万円安く売る可能性があります。

しかし、この方法を使えば、確実に高く売ることが出来ます・・・

車を確実に高く売る方法とは・・・