車を売る前に

【車を売る前に】10万円得する車売却術 > 車を売るときに必要なもの > 譲渡証明書

車を売るときに必要なもの

譲渡証明書

車を売る時に必要なものは?譲渡証明書とは?

さて、引き続き、車を売る時に必要なものです。

今回は、売り手と買い手に関する書類です。

売却する時にしか必要のないものですので、ご存知ではない方も
いらっしゃるかもしれません。

譲渡証明書と言われるものです。

この譲渡証明書とは、売り手と買い手が譲渡に合意したことを明記する書類で、
書類自体は売却する店においてあるものですので、自分で用意する必要はありません。

ただし、譲渡人印として、証明書の一番上に印鑑登録証明書と
同じ実印を押す必要があります。

ですから、印鑑登録証明書を用意されて無い方は、
実印を用意しておく必要があります。

そして、旧所有者の名前や住所を書くときには、
印鑑証明に記載されている通りに書かなくてはいけません。

例を挙げると、○○町1−1―1ではなく、○○町1丁目1番地1号と
しなくてはいけませんので、ご注意ください。

間違えると、名義変更ができませんから、くれぐれもお気をつけてください。

さて、あらかた必要書類の説明も終わりに近づいていますが、
まだもう少しありますので、面倒くさがらずに読んでくださいね。


自動車を確実に高く売りたくありませんか?


自動車を売るときには、一歩間違えると、

数万円安く売る可能性があります。

しかし、この方法を使えば、確実に高く売ることが出来ます・・・

車を確実に高く売る方法とは・・・