車を売る前に

【車を売る前に】10万円得する車売却術 > 車を売るときに必要なもの > 自賠責保険納入証明書

車を売るときに必要なもの

自賠責保険納入証明書

車を売る時には何がいる?自賠責?自動車保険納入証明書なんているの?

前回では、大まかに車を売る際に必要なものをざっと紹介しましたが、
今回は、それを一つ一つご説明しましょう。

まずは、先に挙げた、自賠責保険の「自動車損害賠償責任保険の納入証明書です。
これも、車検証と同じく、車の中に保管しているはずです。

これの場合、保険証券の名義は必ずしも車の所有者でなくてもいいのですが、
自賠責が切れている車の名義変更ができないので注意してください。

もし車検が切れてしまっている車を売る場合は、新たに加入する必要があります。

領収書と証明書の2部複写になっていて、保険会社の収納済みのスタンプが
あることを確認しましょう。

このほかにも、前述のように10余りの書類が必要です。

これらの中には、状況によっては必要ないものや、
役所や本籍地へ行かないと取得できない書類もあります。

自らの状況に照らし合わせて、必要かどうかを確認しておいてください。

それでは、このほかの各種書類について詳しく説明していきましょう。


自動車を確実に高く売りたくありませんか?


自動車を売るときには、一歩間違えると、

数万円安く売る可能性があります。

しかし、この方法を使えば、確実に高く売ることが出来ます・・・

車を確実に高く売る方法とは・・・