車を売る前に

【車を売る前に】10万円得する車売却術 > 車を高く売るためのコツ > 付属品はしっかり保管する

車を高く売るためのコツ

付属品はしっかり保管する

車を高く売るコツ6。付属品はしっかり保管する

車を高く売るためのコツです。まだまだありますよ!

今回は、付属品類。
これら付属品もしっかり保管しておきましょう。

車の購入時に搭載されていた付属品類は、日頃から車内などにしっかり保管し、
なくさないようにしましょう。

特に、「取扱説明書」、「整備手帳(保証書)」などは
車を査定する際にも必要となります。

高年式の車の場合は、ディーラーの保証を次の持ち主に
受け継ぐために必ず必要となります。

愛車を売る場合は、忘れずに準備しておきましょう。

こうした付属品の有無も査定時の重要なポイントです。

大切に保管しておくように心掛けておいてください。

社外品のハンドルやマフラー、アルミなどに交換した場合も、
純正部品を保管して売却時に一緒にお出しすることをお薦めします。

実は、こういった社外品は、一昔前だと、修理や査定では
いい顔をされないのが通例で、査定の減点対象ともなりえました。

しかし、最近ではここまでではなく、評価の対象にはなります。

しかし、車検に対応していないものは、評価外となり得ますので、
純正品がある場合は、取り替えておきましょう。


自動車を確実に高く売りたくありませんか?


自動車を売るときには、一歩間違えると、

数万円安く売る可能性があります。

しかし、この方法を使えば、確実に高く売ることが出来ます・・・

車を確実に高く売る方法とは・・・